パリのバケーションレンタル

パリのおすすめ民泊

パリの民泊をまとめて比較

花の都パリ。ヨーロッパの中でも絶大な人気を誇る観光地、フランスの首都パリで理想的な民泊を見つけてみませんか? Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安アパートから長期滞在向けスタジオまで、あなたのご希望に沿った宿泊先をご用意しています。歴史的にも非常に価値のある中心地で短期滞在用フラットを借りれば、観光スポットを効率よく回ることができます。 パリジャンやパリジェンヌのように暮らしてみたい方は、ホストと泊まれるバケーションレンタル、ゲストハウスを発見してみましょう。また、パリの魅力は市内だけではありません。家族で忘れられない旅行をされたい方は、閑静な郊外に一軒家やヴィラを貸し切ってのんびり過ごしてみるのも、パリを楽しむ一つの方法です。 私たちは100以上の人気バケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだします。息を呑むほど美しいオペラ座やルーヴル美術館から徒歩圏内のアパートも。セーヌ川沿いの豪華なフラットも。モンマルトルのロマンチックなコンドミニアムだって。 あなたのお好みやご要望に合わせた宿泊先がきっと発見できますよ。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

パリのおすすめ宿泊エリア

パリは20の行政区から成り立っています。その中でも特におすすめの宿泊エリアをご紹介します。

  • 【パリ中心地(1区)】 観光客に一番人気のパリの中心、1区は歴史的建造物が集まるエリアでもあります。ルーヴル美術館やオランジュリー美術館、パレ・ロワイヤルなどが主なな観光スポットです。また、ショッピングで有名なサントノレ通りやオペラ通りも。他のエリアに比べて宿泊料金もお高めですので、贅沢な旅を楽しみたい方向けです。
  • 【マレ地区(3区、4区)】 パリの歴史的区域であり、かつて貴族が住んでいたこのマレ地区は伝統的なお店が残る一方、おしゃれなパリっ子が集まる場所でもあります。ポンピドゥー・センターやピカソ美術館を散策してみたり、夜は地元の人が集まるバーをお楽しみください。よりパリジャン、パリジェンヌの生活を体験したい方はこのエリアで短期アパートやスタジオを探してみましょう。
  • 【オペラ座周辺(2区)】 オペラ・ガルニエ付近の2区は中心に位置しながら他より少しお安めな宿泊施設が見つかる穴場スポットでもあります。高級デパート「ギャラリー・ラファイエット」にも歩いていくことができますし、人気の観光スポットへのアクセスも良好です。
  • 【モンマルトル周辺(18区)】 中心地から少し離れますが、芸術家が愛してやまない下町のモンマルトルでの宿泊もおすすめです。赤い風車が特徴の劇場「ムーラン・ルージュ」や世界中の愛の言葉が書かれた「ジュテームの壁」などがこのエリアの観光名所です。フランス映画「アメリ」の主人公になった気分でパリの宿泊を楽しんでみませんか?

パリのファミリー向けバケーションレンタル

パリのカップル向けバケーションレンタル

パリのおすすめ観光スポット

  • 【エッフェル塔】 パリの象徴的な存在であるエッフェル塔はパリ7区、シャン・ド・マルス公園に位置します。1889年のパリ万博のために建設され、高さは300m。実際に中に入ってシャンゼリゼ通りの庭園を上から一望できます。光り輝く夜のライトアップも人気ですのでお見逃しなく。
  • 【ルーヴル美術館】 多くの美術館が集まるパリの中でも一番有名なのがルーヴル美術館です。ギリシャ彫刻の「サモトラケのニケ」、最も有名な絵画の一つレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」など30万点以上の所蔵品があり、年間訪問者数は800万人。映画「ダ・ヴィンチ・コード」でもこのルーヴル美術館が実際に使われています。季節を問わず常に混雑しているので、有名な作品をゆっくり鑑賞したい方はチケットの事前予約と開館直後の訪問を。
  • 【オルセー美術館】 以前は駅舎としての役割を果たしていたオルセー美術館。19世紀美術専用のこの美術館では、マネ、ドガ、モネ、ルノワール、ゴッホなど印象派の巨匠たちの作品の多くを鑑賞することができます。作品だけではなく、かつてのオルセー駅の面影を残す、館内やファサードもお楽しみください。
  • 【エトワール凱旋門】 シャンゼリゼ通りの西側、エトワール広場の中央に位置するエトワール凱旋門は、1836年にナポレオン・ボナパルトの命によって建てられ、現在ではパリの人気観光スポットとなっています。234段の階段を上って特徴的なアール・ヌーヴォー建築やパリの街並みを眺めてみましょう。
  • 【ノートルダム大聖堂】 パリの歴史的中心地、セーヌ川のシテ島にそびえたつノートルダム大聖堂は数あるパリの教会の中でも群を抜いて人気です。ゴシック建築と厳かで静寂な雰囲気、そして「バラの花」と呼ばれる直径13mほどのステンドグラス。太陽によって宝石のように輝く光の結晶は息をのむほど美しいです。
  • 【ポンピドゥー・センター】 若者に人気のマレ地区にある国立近代美術館、ポンピドゥー・センター。モダニズムをテーマに、音楽、映画、パフォーマンスなど様々なジャンルの芸術が展示されており、特別展示は頻繁に内容が入れ替わるため、いつ行っても飽きることはありません。現代アート好きな地元パリっ子のデートスポットでもあります。
  • 【パリ・オペラ座(ガルニエ宮)】 建築家シャルル・ガルニエによって手がけられたオペラ座は観劇の場として19世紀後半から現在に至るまで多くの人に愛される国際的歌劇場へと発展しました。一流のバレエダンサーによる公演やオペラを楽しみたい方は2~4か月前から購入できます。公演していない時間帯には、金箔が施されたオペラ座の大階段や劇場ホール、豪華絢爛な装飾が見れる劇場内部を見学することもできます。(有料)
  • 【サクレ・クール寺院】 かつて、パブロ・ピカソやアメデオ・モディリアーニなど歴史を代表する芸術画家たちが暮らしていたモンマルトル。パリで一番高い丘にたたずむのがサクレ・クール寺院です。「聖なる心臓」を意味するこの寺院の中に足を踏み入れると、厳かで静寂な雰囲気が漂い、キリストが描かれた天井を眺めていると不思議と神秘的で穏やかな気持ちになることができます。
  • 【ヴェルサイユ宮殿】 1682年に建てられたヴェルサイユ宮殿へはパリから約40分ほどで訪問可能です。ルイ14世とその王妃マリー・アントワネットが究極の宮廷生活を送れるよう設計されたこの贅沢な宮殿。鏡の間や大理石の中庭、女王の寝室など、当時の暮らしぶりがどれだけ華やかだったか想像できます。またマリー・アントワネットのために作られた離宮、プチ・トリアノンは彼女が一息つける休息の庭園として使用していました。庶民離れした派手な生活を送る一方、平穏と自然を愛した彼女の隠れ家もぜひ覗いてみてください。