金沢のバケーションレンタル

金沢のおすすめ民泊

金沢の民泊をまとめて比較

2015年3月に北陸新幹線が開通したことにより、金沢への旅はグンと近くなりました。モダンとレトロが融合する金沢で理想的な民泊を見つけてみませんか?Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安アパートから高級旅館まで、あなたのご希望に沿った宿泊先をご用意しています。例えば週末に駅周辺の貸切アパートを借りて観光スポットを効率よく回ったり。家族でゆっくり過ごしたい方は郊外の一軒家に泊まったり。地元の人との交流を大切にしたい方はAirbnbで民泊を予約してみるのも良いですね。観光だけではなく、歴史巡り、伝統工芸体験、ショッピングと、金沢の楽しみ方は人それぞれです。だからこそ私たちは皆さんの旅行の目的やご要望、滞在日数に合わせた様々な宿泊施設をご提案します。 私たちは100以上の人気バケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだします。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

金沢のおすすめ宿泊エリア

  • 【金沢駅周辺】 金沢市の玄関口である金沢駅周辺での宿泊は、短期の旅行や出張でお越しのお客様におすすめです。近年、Airbnbの影響を受けて格安の宿泊施設や快適な民泊も増加傾向にあります。また、金沢駅を拠点にすれば、富山や福井など近隣の県へも簡単に行くことも可能です。駅構内の金沢百番街では伝統工芸品や銘菓など厳選されたお土産が。駅周辺での宿泊ならお買い忘れする心配もなく、最後の最後まで旅行が楽しめますよ。
  • 【兼六園・金沢城周辺エリア】 兼六園、金沢城、近江町市場、ひがし茶屋街など主要な観光スポットがそろうこのエリアは効率的に旅行を楽しみたい方向けです。
  • 【香林坊・長町エリア】 藩政時代の面影を残す長町では武家屋敷を散策することができ、また香林坊は繁華街と昔ながらの情緒が混在する地域でもあります。古き良き日本の佇まいを感じながら滞在したい方はゲストハウスや旅館をご利用してみてください。

ファミリー向けバケーションレンタル

金沢のカップル向けバケーションレンタル

金沢のおすすめ観光スポット

  • 【兼六園】 金沢市にある日本庭園の兼六園は、日本三名園の一つでもあります。大きな池を作り、それを大海に見立て、中に不老不死の神仙人が住むといわれる島を配置する「神仙思想」が投影されているこの兼六園では春夏秋冬、四季折々の豊かな自然がお楽しみいただけます。期間限定で夜のライトアップも行われておりますので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。
  • 【金沢城】 1546年に建設が始まったこのお城は1580年に戦の結果、金沢城に改名されました。重要文化財に登録されている石川門やデザイン性にあふれた種類豊富な石垣が特徴です。
  • 【金沢21世紀美術館】 現代美術に焦点をあてた金沢21世紀美術館は2004年に誕生以来、地元の方々と観光客に人気の美術館です。その理由の一つが日本の建築家ユニットSANAAによって設計された開放的な建物です。円形総ガラス張りの館内は、見通しが非常によく、建物自体が現代美術の作品だと言えるでしょう。他にも市民ギャラリーやスイミング・プールなど海外アーティストによる現代アートをご覧いただけます。ぜひ、時を忘れるような芸術の旅を。
  • 【ひがし茶屋街】 昔ながらの風情がそのまま残り、お茶屋さんが立ち並ぶこの地区は重要伝統的建造物群保存地区に認定されています。日本で唯一国の重要文化財に登録されているお茶屋「志摩」や、和と洋が融合した和洋スイーツが楽しめるカフェなど歩いているだけでワクワクするお店が集まっています。古き良き時代の日本を感じることができるひがし茶屋街を是非散策してみてください。
  • 【近江町市場(おうみちょういちば)】 新鮮な魚介類が食べられることで有名な金沢市ですが、近江町市場は金沢の台所と言える魚市場で、その歴史は遡ること290年以上。地元民からは「おみちょ」と親しまれ、美味しい海鮮丼や回転ずしを求めて朝からたくさんの人で賑わいます。公式ホームページからは近江町で働く人たちによるマガジン「お!のある暮らし」が連載中。近江町の魅力をより深く知ることができます。
  • 【妙立寺】 日蓮宗のお寺妙立寺は、複雑な建築構造と敵を欺くために仕掛けられた巧みな手法から別名「忍者寺」とも呼ばれています。本堂入り口に埋め込まれた賽銭箱(落とし穴)や隠し階段など面白い仕掛け満載ですが、その内容は訪れた人のみが知ることのできる謎に包まれたお寺です。館内は完全予約制。当日予約も可能ですが、数が限られているため事前予約がおすすめです。
  • 【金沢駅(鼓門・もてなしドーム)】 2011年世界で最も美しい駅14選で6位に輝いた金沢駅は、金沢市への旅の玄関として皆さんをお出迎えしています。訪れる人に雨傘を差し出すようなイメージで作られた「もてなしドーム」は明るくて雨に濡れない空間を人々に提供しており、伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」はらせん状の柱で形成されており、シンメトリーて荘厳な門は金沢市のシンボルとなっています。