軽井沢のバケーションレンタル

軽井沢のおすすめ民泊

軽井沢の民泊をまとめて比較

明治中期、カナダ人宣教師が家族とともに軽井沢で夏を過ごし、それがリゾート軽井沢の始まりとなりました。避暑地の軽井沢で最高の休暇があなたを待っています。Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安フラットから団体向けのペンションまで、あなたのご希望に沿った宿泊先をご用意しています。例えば週末に駅周辺の貸切アパートを借りて観光スポットを効率よく回ったり。家族でゆっくり過ごしたい方は中軽井沢のコテージや貸別荘で自然を楽しんだり。より軽井沢の暮らしを体験したい方は民宿や古民家を予約してみるのも良いですね。観光だけではなく、リラックス、スポーツ、ショッピングと、軽井沢の楽しみ方は人それぞれです。だからこそ私たちは皆さんの旅行の目的やご要望、滞在日数に合わせた様々な宿泊施設をご提案します。 私たちは100以上の人気バケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだします。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

軽井沢のおすすめ宿泊エリア

  • 【軽井沢駅周辺(新・旧軽井沢)】 週末のみや短期間の滞在の方は軽井沢駅周辺で宿泊施設をお探しするのがおすすめです。徒歩圏内の観光スポットは、軽井沢プリンスショッピングプラザ、軽井沢ニューアートミュージアム、室生犀星記念館などです。また、旧軽井沢銀座通りには、木造レトロな外観が特徴的の総合案内所「軽井沢観光会館」があり、観光や宿泊情報を知ることが出来ます。電車でお越しの方は軽井沢駅付近の短期アパートやフラットを探してみてください。
  • 【中軽井沢】 長期型滞在の方におすすめなのは中軽井沢です。バードウォッチングが楽しめる野鳥の森や、川のせせらぎが聞こえてくる千ヶ滝、疲れを癒す星野温泉など自然に囲まれながらリラックスして過ごすことができます。三世代家族で泊まることのできる貸別荘や、カップル向けのコテージなど多くの宿をこのエリアで見つけることができます。
  • 【南軽井沢】 南軽井沢はスポーツやレジャーを思う存分楽しむことができるエリアです。芝生の社交場として親しまれた軽井沢ゴルフ場や、体験型テーマパークおもちゃの王国、ローズガーデンが楽しめる軽井沢レイクガーデンなど、休暇をアクティブに過ごせる場所ばかりです。お子様やペットと一緒に泊まれるペンションがこのエリアの人気宿です。

軽井沢のおすすめ観光スポット

  • 【軽井沢プリンスショッピングプラザ】 軽井沢駅南口側に位置する「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は217店舗が集結する複合型ショッピングモールです。ゴルフ場だった背景を残しながら改築したこのショッピングプラザでは、自然の風を感じながらお買い物が楽しめます。中でも人気なのが137店舗の大規模アウトレット。ペット同伴でショッピング可能なお店も複数あるのが嬉しいポイントです。
  • 【旧軽井沢銀座(旧軽井沢メインストリート)】 軽井沢駅北側に抜けると、かつて外国人の避暑地として栄え、現在では定番観光地として親しまれている旧軽井沢銀座にたどり着きます。昔ながらの製法にこだわったジャムや燻製のハム、ソーセージなどこの土地ならではの食べ物や、軽井沢オリジナルファッションブランドのお店が立ち並びます。かつてジョン・レノンが滞在中に通ったフランスベーカリーも。脇道に入ると可愛らしい雑貨屋を発見することができますので、ゆっくりと散策してみてください。
  • 【白糸の滝】 軽井沢の白糸の滝は浅間山の湧水を利用して造られた人工的な滝なので雨や増水によって濁ることはなく、透き通るように綺麗な水流がいつでも見られるのが特徴です。毎年夏季には夜のライトアップ&プロジェクションマッピングが開催されます。
  • 【軽井沢ニューアートミュージアム】 旧軽井沢銀座に向かう途中で見えてくるのが、総ガラス張りをベースにカラマツ林をイメージした白い柱が美しい軽井沢ニューアートミュージアムです。2012年4月に開館し、優れた現代美術作品を世界に広めていくことを目的としたこの美術館では注目される現代アーティストの展覧会を開催しており、海外からも高い評価を得ています。2015年には建築家隈研吾氏とフランス人現代美術家ジャン=ミシェルオトニエル氏による共同監修チャペル「風通る白樺と苔の森」が誕生し、アートに囲まれながらウェディングが行える場所として人気を博しています。
  • 【軽井沢 絵本の森美術館(ムーゼの森)】 ムーゼの森の一角にある絵本の森美術館は、西洋の歴史に彩られた「絵本文化」が同じく西洋文化の息遣いを感じることができる軽井沢と融合する、という考えから1990年7月に開館しました。森林の中に作られたこの館内では、季節ごとに絵本の展覧会が開催されています。絵本図書館では洋書を中心とした1,800冊の絵本を閲覧することができ、またここでしか買えないオリジナルグッズやピーターラビットのグッズも販売しています。ムーゼの森には他にもガーデンデザイナーのポール・スミザーが手がけたピクチャレスク・ガーデンやドイツのエルツ地方、欧州を中心とした伝統工芸のおもちゃの世界を紹介しているエルツおもちゃ博物館が併設されており、子供から大人まで楽しむことができます。
  • 【軽井沢高原教会】 大正10年、キリスト教文化が根付くこの土地に軽井沢高原教会は誕生しました。日本で初めてウェディングドレスを着用して挙式が行われた教会として由緒正しき歴史を持っています。そのキリスト教の愛の理念は今でも受け継がれ、結婚式の予約がとれないほど人気のとなっています。優しい光に包まれたこの教会に一歩足を踏み入れると、不思議と神聖で穏やかな気持ちになれるでしょう。高らかなゴスペルの歌声が響き渡る日曜礼拝はどなたでもご参加いただけます。また夏季とクリスマス時期には毎年キャンドルナイトが開催され、優しく揺れる幻想的なキャンドルの光を見ながら一時を過ごすことができます。
  • 【星野温泉 トンボの湯】 避暑地の名湯として大正四年より人々に愛され続けている星野温泉。「トンボの湯」では立ち寄り湯として軽井沢を訪れた人へ癒しと愉楽を提供しています。その特徴は循環、加水を一切行わない源泉かけ流し湯。ヒノキの香りが漂う浴槽で疲れた体が解きほぐされていきます。四季折々が感じられる季節湯や広く開放感がある露天風呂など五感全てで味わえる秘湯。湯上り後には体が自然と軽く感じられるでしょう。
  • 【旧三笠ホテル】 1906年に開業した純西洋式の木造ホテルがこの旧三笠ホテルです。日本人が手掛けた純西洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。建築構造は釘を使用しないアメリカのスティックスタイルをベースに、扉のデザインはイギリス風、下見板はドイツ風と欧米の様式が多く取り入れられました。宣教師の影響によって外国人の避暑地となった軽井沢。この旧三笠ホテルは文化人や著名人が交流する場として一役買い、「軽井沢の鹿鳴館」と称されていました。訪れてみると格式高い家具や高級感漂う当時のホテルの様子を伺うことができます。
  • 【石の教会 内村鑑三記念堂】 中軽井沢駅から徒歩20分、石とガラスのアーチが重なり合いながら独特のフォルムを描く石の教会が内村鑑三記念堂です。建築家ケンドリック・ケロッグ氏によって設計されたこの教会は石が男性をガラスが女性を象徴しており、建築が自然の一部になったかのように溶け込むこの様式は別名「オーガニック建築」と呼ばれています。重厚感ある石造りのアーチはまるで呼吸をしているかのような息遣いが感じられ、そのすき間から降り注ぐやわらかい光がなんとも神々しいです。