長崎のバケーションレンタル

長崎のおすすめ民泊

長崎の民泊をまとめて比較

鎖国時代に唯一の貿易の窓口として開かれていた長崎。西洋文化が伝えられ、その背景は今でも長崎の歴史の一部として深く刻まれています。和洋折衷の街、長崎で理想的な宿泊先を見つけてみませんか? Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安アパートから長期滞在向けフラットまで、あなたのご希望に沿った宿泊施設をご用意しています。例えば週末に駅周辺の貸切アパートを借りて観光スポットを効率よく回ったり。出張の方向けの快適なコンドミニアムに泊まったり。地元の人との交流を大切にしたい方は民泊を予約してみるのも良いですね。観光だけではなく、エンターテイメント、歴史巡り、ショッピングと、長崎の楽しみ方は人それぞれです。だからこそ私たちは皆さんの旅行の目的やご要望、滞在日数に合わせた様々な宿泊施設をご提案します。 私たちは100以上のバケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだします。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

長崎のおすすめ宿泊エリア

  • 【長崎市中心地】 長崎空港から空港バスで35分ほどで長崎の中心、長崎新地に到着します。鎖国時代の貿易港としても栄えたこの街では昔ながらの路面電車や下町の風情が感じられます。出島、グラバー園、オランダ坂など観光スポットがこの周辺に集まっているので、中央橋、大波止、長崎駅周辺に滞在すると効率よく回れます。また、予算を抑えたい方はホテルよりAirbnbの宿泊施設のようがより節約できます。
  • 【佐世保市】 長崎県北部の中心都市、佐世保は長崎についで2番目に人口が多い都市です。人気テーマパークのハウステンボスや黒島天主堂をはじめとした数々の教会がご覧になれます。米軍基地がある影響を受けて「海軍さんのシチュー」や「レモンステーキ」、「佐世保バーガー」などこの土地ならではの名物も見逃せないところです。また、少し足をのばせば島旅を楽しめるのも佐世保市の魅力の一つです。隠れキリシタンの歴史が残る黒島、焼きたてのちくわが絶品の高島、伝統的な息遣いが感じられる小値賀(おぢか)などで地元の暮らしが体験できる民宿や民泊を探してみてください。新鮮な海の恵みもご堪能いただけます。

長崎のカップル向けバケーションレンタル

長崎のおすすめ観光スポット

  • 【ハウステンボス】 長崎県佐世保市にあるハウステンボスはオランダの街並みを再現したテーマパークです。面積は152万㎡と日本最大級。一年中咲き誇る花が見られる「花の王国」や夜の幻想的なイルミネーション、プロジェクションマッピングが楽しめます。最近では最新技術を導入した「変なホテル」が世界でも話題になりました。長崎空港からバスで約50分、長崎市内からは電車で約1時間30分です。
  • 【端島(軍艦島)】 明治時代から昭和時代にかけて炭鉱場所として栄えた島が端島です。その特徴的な外観から通称「軍艦島」とも呼ばれています。当時は東京以上の人口密度を有しており、1974年の閉山まで島民が生活を送っていました。現在は無人島になっておりますが、ツアーを申し込めば上陸することができます。また実際に住んでいた島民がコンシェルジュとしてご案内してくれますので、当時の暮らしの様子をより詳しく知ることができるでしょう。世界遺産に登録されて以来、海外から多くの観光客が端島目当てに長崎を訪れています。
  • 【稲佐山】 標高333mの山からは長崎の景色を一望できます。特に夜の街に輝く光は美しく、「1,000万ドルの夜景」とも称されています。2012年には世界新三大夜景の一つにも選定されました。頂上まではバスや徒歩でも登ることができますが、一番人気の長崎ロープウェイは使うと360度見渡すことができ、より迫力のあるパノラマビューをお楽しみいただけます。ロープウェイ淵神社駅からご乗車いただけます。
  • 【グラバー園】 グラバー園内にある旧グラバー住宅は、長崎港開港後に訪れたイギリス商人トーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築であり、最初の和洋折衷建築とも言われています。2015年に世界遺産に登録されました。春には庭園に咲き誇る数々の花をご覧いただけ、夏は夜のビアガーデンイベントを開催。レトロ写真館ではたくさんのレトロ衣装の中からお気に入りの1着を選んで写真撮影、そしてそのまま園内を散策することができます。
  • 【平和公園】(平和祈念像・平和の泉) 平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いをこめて作られた公園です。長崎市民の平和への願いを象徴する「平和祈念像」や「平和の泉」を公園内でご覧になれます。
  • 【長崎原爆資料館】 平和公園の一角にある長崎原爆資料館では長崎市への原子爆弾投下に関する資料が保存されています。1945年8月9日に投下された爆弾によって74,000人もの尊い命が奪われました。「核兵器のない世界を目指して」のテーマに沿って、資料や当時の写真が展示されています。広島平和記念資料館と共に、後世に残すべき貴重な資料館です。ぜひ一度訪れてみてください。
  • 【出島】 出島は1634年に江戸幕府の政策の一環として長崎に建造された人工島でしす。鎖国時代の約200年の間に日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口でした。扇形が特徴のこの場所では当時の様子を忠実に再現されており、多くの人の関心を集めています。長崎に最初に入ってきたビリヤードやバドミントンも体験できます。
  • 【長崎新地中華街】 日本三大中華街の一つ、長崎新地中華街。長崎名物でもあるちゃんぽんや皿うどんはもちろん、250mのこの通りには江山楼(コウザンロウ)や京華園(キョウカエン)など一度は食べておきたい有名中華料理店がお店を構えています。中華ちまきや角煮まん、ソフトクリームなど食べ歩きに向いているお店をあるので、観光の途中に立ち寄ってみてください。
  • 【眼鏡橋】 中島に架かる石造二連アーチ橋が特徴の眼鏡橋は1634年に造られた日本最古の石橋です。川面に映しだされる橋の姿が眼鏡に見えることから眼鏡橋と呼ばれるようになったと言われています。長崎のフォトジェニックスポットとして注目を集めています。
  • 【オランダ坂】 坂道が多いことで有名な長崎ですが、このオランダ坂は東山手洋風住宅群など、異国情緒あふれる東山手に位置しており、開国以降、長崎の住民が東洋人以外のことを「オランダさん」と呼んでいたためにこの名前がついたと言われています。小雨が降って石畳がしっとり濡れたオランダ坂の情景は風情があってより美しいです。
  • 【長崎バイオパーク】 動物と触れあえる動植物園として人気の長崎バイオパーク。温泉につかっているカピバラの姿が見られたり、クロキツネザルに餌をあげることができたりと普通の動物園より身近に動物を感じることができます。ペットのふれあい広場PAWでは、犬や猫のほかにワシミミズクやウサギ、モルモットにも出会えます。長崎駅からはおよそ1時間30分で訪れることができます。