バルセロナのバケーションレンタル

バルセロナのおすすめ民泊

バルセロナの民泊をまとめて比較

ヨーロッパの中でも特に高い人気を誇るスペイン。その中でも年間3000万人が訪れる都市、バルセロナへの旅行をお得に楽しみませんか?Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安アパートから豪華な宿泊を楽しめるヴィラまで、あなたのご希望に沿った宿泊先をご用意しています。 年間を通して温暖な気候の地中海ビーチ。歴史を感じるゴシック地区。建築の最高峰サグラダ・ファミリア。ピカソやダリの出生地でもあるバルセロナは建築や芸術の面で優れていますが、魅力はそれだけではありません。ZARAやMANGOなどスペインから生まれたファッションブランド。有名なチャンピオンズリーグのサッカースタジアム。パエリアや生ハム、オリーブオイルといったスペイン料理や特産物。 目的や滞在日数に合わせて最高の宿泊体験をしてみませんか?短期間の滞在でしたら中心地でショートステイ用のアパートを借りたり。ご家族での旅行でしたら眺めの良いビーチ付近やモンジュイック丘の一軒家を借りてみるのはいかがでしょうか。地元の暮らしを体験してみたい場合は、キッチン付きのアパートでスペイン料理に挑戦してみるのも良い思い出になりそうです。より現地の人と触れ合える本格的な民泊を選んでみるのも良いかもしれません・・・考え出したら選択肢が多すぎて迷ってしまいますね。でも心配いりません。私たちは100以上のバケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだすお手伝いをします。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

バルセロナのおすすめ宿泊エリア

  • 【バルセロナ市内中心部】 バルセロナの中心部にあるアパートはその利便性から観光客に一番人気の宿泊施設となっています。カタルーニャ広場からは一日観光バスが出ており、また、地下鉄やバスなどの交通面でも困りません。1.2kmあるランブラス通りを散歩したり、ZARAを始めとしたスペイン有名ブランドで買い物を楽しむのも旅行の一つの醍醐味です。
  • 【旧市街 シウタ・ベリャ(Ciutat Vella)】 「Ciutat Vella」はカタルーニャ語で「旧市街」を意味し、その名の通りこのエリアは都市の最古の部分を感じることできます。カテドラルから南に広がるゴシック様式の街並みは、通路が狭く石畳になっているのが特徴です。裏道を歩けばまるで中世にタイムスリップしたような気分に浸れます。バルセロナ現代美術館やピカソ美術館でアートを満喫したり、ヨーロッパ最大級のバルセロナ水族館に足を運んでみるのも良いでしょう。散策を楽しんだ後はビーチ沿いのレストランで地中海を眺めながら食事を味わうのはいかがでしょうか。
  • 【アシャンプラ(Eixample)】 都市で最も人口密度が高いアシャンプラは、19世紀にイルデフォンソ・セルダ(Ildefonso Cerdá)によって設計された完璧なグリッドフォームと正方形を面取りした八角形のブロックが特徴の地区です。19世紀に工業的発展を迎えたこの地区ではガウディ建築の代表作「サグラダ・ファミリア」「カサ・ミラ」「カサ・バトリョ」に出会えます。 観光スポットとして有名な一方、バルセロナ大学や地元民が通うバルが立ち並ぶ地区なので、短期間のアパートを借りればスペイン人の暮らしを垣間見ることができます。
  • 【サンツ・モンジュイック(Sants-Montjuïc)】 モンジュイックの丘で有名なこの地域はバルセロナの入り口であるエルプラット空港と直結している利便性から旅行者から高評価を得ているエリアです。1992年のオリンピック以来、観光場所として高い人気を誇るバルセロナ。近年ではAirbnbを始めとするバケーションレンタルへの再注目から休暇の家やアパートを借りる傾向が広がっています。 街並みを一望できるモンジュイックの丘の他、バルセロナ万博の際に建設されたカタルーニャ美術館や、迫力の噴水ショーが楽しめるマジカ噴水がこのエリアの見どころです。

ペットOKのバケーションレンタル

カップル向けバケーションレンタル

バルセロナのおすすめ観光スポット

  • 【サグラダ・ファミリア】 1880年代に着工した建築家アントニオ・ガウディによる未完成の遺作です。世界遺産にも登録されているサグラダ・ファミリアはバルセロナを象徴する作品であり、未完成ながらも(2026年完成予定)放物線の構造のアーチや鐘楼に据られた自然主義と抽象主義が混在すいる彫刻は、訪れる観光客を魅了し、未完成こそが美しいと考えさせられるほどです。
  • 【グエル公園】 グエル伯爵が英国風の庭園式住宅地を作ろうとアントニオ・ガウディに計画を委託しましたが買い手がつかず、グエル伯爵の没後は市の公園として寄付されました。公園内は一部を除き無料で入ることが可能です。ガウディ博物館も併設されています。有料ゾーンではカラフルなタイルで作られたトカゲと記念撮影することもできます。
  • 【カサ・ミラ】 グラシア通りにある建物「カサ・ミラ」はガウディが54歳の時に設計されました。直線部分を全くもたず、波を打つような曲線美が印象的です。昼間とは違った側面から観察することができるナイトツアーは必見。
  • 【カサ・バトリョ】 「カサ・ミラ」と並んで人気を誇るアントニオ・ガウディの名作「カサ・バトリョ」。波を打つような曲線に加え、外装、内装ともに地中海のブルーを基調としているファサード。紫や緑、黄色などの彩色豊かなセラミックタイルの外観と、ステンドグラスから輝くような光が降り注ぐ内観は1906年完成後もなお変わらぬ美しさを誇っています。
  • 【ランブラス通り】 カタルーニャ広場から全長1.2kmにも及ぶメインストリートのランブラス通りでは、歩道の両サイドにずらりとお店が立ち並び、何度歩いても飽きることはありません。観光客で賑わう夏は比較的遅くまでお店が開いてることもあり、お土産もゆっくり選ぶことができます。
  • 【ボケリア市場(サン・ジョセップ市場)】 ランブラス通りに面したバルセロナ最大の市場。200以上の店舗が立ち並ぶ市場内では新鮮な魚介類やその場で食べられる生ハム、さらに昼間からワインを堪能することができます。スペインの名産物であるオリーブオイルを目当てに来られる観光客も。スペインの台所として800年の歴史があるボケリア市場は地元っ子にも愛されています。
  • 【カタルーニャ音楽堂】 カタルーニャを代表する建築家のリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーによって設計されたコンサートホールは1997年に世界遺産に登録され、毎年50万人以上の人々が音楽を楽しむためにこのホールを訪れています。アールヌーボー様式の気品に満ち溢れる外観。より深く学びたい方は豪華絢爛の装飾が鑑賞できる内部見学ツアーに参加してみましょう。
  • 【カンプ・ノウ(サッカースタジアム)】 FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウはサッカーファンには見逃せないスタジアムです。FCバルセロナの試合を間近で観戦することができ、選手たちのシュートやピッチの熱狂を肌で感じることができるでしょう。応援歌を歌ってバルサファンと一緒に盛り上がりましょう。