ニューヨークのバケーションレンタル

ニューヨークのおすすめ民泊

ニューヨークの民泊をまとめて比較

ニューヨークと聞いて何を思い浮かべますか?眠らない街、大都会、多文化、フリーダム。ファッションとエンターテイメントのど真ん中であるこの街で、理想的な民泊を見つけてみませんか?旅行を思いっきり楽しもうと考えるとホテルはどうしても予算オーバーになってしまうことも・・・。でも安心してください。Hundredrooms(ハンドレッドルームズ)は格安アパートから長期滞在向けフラットまで、あなたのご希望に沿った宿泊施設をご用意しています。 滞在期間が短い方はニューヨークの中心地で人気のソーホーやチェルシーに泊まって、観光名所を効率よく回ったり。現地に溶け込むような旅を体験してみたい方は、ホストと泊まれるアパートや民泊、ゲストハウスを発見してみましょう。家族で忘れられない旅行をされたい方は、閑静な郊外に一軒家やコテージを貸し切ってのんびり過ごしてみるのも良いですね。せっかくの休暇ですから思う存分楽しみたいですよね。 私たちは100以上の人気バケーションレンタルサイトをまとめて比較。あなたのお金と時間を節約して最高の宿泊先を見つけだします。ブルックリンにある美しいスタジオやペンションも。アッパー・イーストサイドの豪華なヴィラも。あなたのお好みやご要望に合わせた宿泊先がきっと発見できますよ。私たちと一緒にお得に旅を楽しみませんか?

ニューヨークのおすすめ宿泊エリア

  • 【マンハッタン(Manhattan)】 高層ビルがそびえたつNYの心臓がマンハッタンです。タイムズスクエアやセントラルパーク、グランドセントラル駅やメトロポリタン美術館などの観光名所の多くがこの地区に集中しています。金融市場の中心地、ウォール街があることでも有名。交通の便もよく観光エリアとして一番の人気がある一方、宿泊料金も高いです。
  • 【ブルックリン(Brooklyn)】 マンハッタンに次いで2番目に人口密度が高いブルックリン。中心地へのアクセスが良好の為、ニューヨーカーに人気のエリアです。セントラルパークに負けない広さの自然豊かな公園、プロスペクト・パークや近郊型リゾート地のコニーアイランドがある一方、若者やアーティストが移り住んだ影響でブルックリン独自のカルチャーが発展。近年では音楽バーや劇場、おしゃれなレストランなどが注目を集めています。特にNYのヒップスターの中心と言われているウィリアムズバーグは見逃せません。
  • 【クイーンズ(Queens)】 ニューヨークの中でも静かな雰囲気のある地区です。マンハッタンの夜景が楽しめるガントリープラザ州立公園や、昔ながらのインテリアショップが閑静な住宅街の中に存在しています。そして全米オープンの会場であるUSTAナショナルテニスセンターに毎年世界中から多くの人々が訪れます。実はあまり知られていませんが、地元民が通うローカルカフェや自家焙煎コーヒーショップのお店が集まっているので、観光よりもニューヨークの暮らしを体験してみたい方にはおすすめのエリアです。
  • 【ブロンクス(Bronx)】 マンハッタンの北部に位置するブロンクスはヒップホップの発祥地として知られていますが、残念ながら治安はあまり良くありません。このエリアの有名観光スポットは「ブロンクス動物園」や「ヤンキースタジアム」です。格安アパートが見つかりますが、夜の外出は控えてください。夜にこの地域を観光したい場合は、現地のガイドや専門家と一緒に回れるツアーに参加しましょう。
  • 【スタテンアイランド(Staten Island)】 世界最大のマラソン大会の一つでもあるニューヨークマラソンは、このスタテンアイランドから始まります。フェリーでの行き来が主のエリアですので、観光目的の方の滞在場所としては物足りないかもしれません。しかし、フェリーの上から自由の女神が一望できますので、滞在の途中に立ち寄ってみてください。

ペットOKのバケーションレンタル

カップル向けバケーションレンタル

ニューヨークのおすすめ観光スポット

  • 【セントラル・パーク】 マンハッタンにある都会のオアシスがこのセントラル・パークです。数々の名作を生みだしたハリウッド映画の舞台としても度々登場します。
  • 【タイムズスクエア】 眠らない街ニューヨークを象徴する場所でもあるタイムズスクエア。世界で一番有名なブロードウェイ・シアター、そして毎年恒例の大晦日のカウントダウンは、誰もが一度は人生で体験したいと思っています。
  • 【自由の女神像】 リバティ島にある像で正式名称は「世界を照らす自由」。アメリカ合衆国独立100周年を記念して作られ、右手にはたいまつを、左手には独立記念日である1776年7月4日とローマ字数字で刻印された銘板を持っています。
  • 【ワールドトレードセンター(世界貿易センター)】 2001年の悲劇的な事件は未だに忘れることができません。現在は公式追悼施設として2011年にオープンした9/11メモリアル・ミュージアム(9/11博物館)で、多くの資料が展示されています。
  • 【ロックフェラー・センター】 毎年巨大クリスマスツリーの点灯式として放映されるロックフェラー・センターはマンハッタンの5番街と6番街に位置する複合施設です。1番大きいGEビルディングの高さは259メートル。中心のプラザは夏はカフェテリア、冬はアイススケートリンクとして使われています。
  • 【ブルックリン橋】 アメリカで最も古く最も美しいつり橋がブルックリン橋です。全長1,834mの橋は30分ほどかけて歩くことが可能です。快晴の空と素晴らしい景色を眺めながらお散歩してみてはいかがでしょうか?またフォトジェニックポイントとして人気を集めています。
  • 【メトロポリタン美術館】 世界最大美術館の一つでもあるメトロポリタン美術館には世界中から所蔵品が集まり、その数は300万点にものぼります。アンディーウォーホールやゴッホ、モネ、ピカソなどの有名画家の作品に出会えます。無料の日本語ガイドツアーもあるので、興味のある方は事前に確認していくことをおすすめします。
  • 【ニューヨーク近代美術館(MoMA)】 20世紀の現代美術の発展と普及に貢献してきたニューヨーク近代美術館。ゴッホの「星月夜」やダリの「記憶の固執」が展示されています。日本人建築家の谷口吉生氏の設計により2004年に再オープン。美しい館内でモダンアートを鑑賞する至福の時間をご堪能ください。
  • 【グランド・セントラル駅】 人々が行き交うマンハッタン最大の駅。駅としての機能を持ちながら、訪れる人をワクワクさせてくれるエンターテイメントとしての役割をもつ場所です。メイン・コンコースでふと上を見上げれば、天井に描かれた美しい星座をお目にかかることができます。